台風対策に必要なもの

今回、台風10号が九州を直撃しましたね。
思ったほど被害は多くなかったようですが、やはりもしもを考えて対策するのは大事だと感じました。

そこで
台風対策で必要なものや揃えておいたほうがいいものをご紹介します。

 

台風対策で必要なもの6選


【養生テープ】

窓ガラスが割れた時に飛び散る破片を軽減してくれます。
養生テープは剥がした時の跡残りがほとんど無いため
台風対策としてよく使用されています。

貼るときは「米」という漢字をイメージして
×印に貼ってから、縦と横に貼ると綺麗に貼れますよ!

必ずしも窓ガラスの補強ではなく、割れた時の被害を少なくするための対策です。

 

【段ボール】
養生テープ同様に窓対策として使用します。
割れても段ボールを貼っておけば破片の飛び散りを防いでくれます。

窓対策では、必ずカーテンは全て閉めて
洗濯ばさみで止めておくなどしておきましょう!

 

【食料】
パンや缶詰など、なるべくガスや電気を使わなくてもいいものがあるといいですね!
ビスケットなどのお菓子もいくつか持っておくといいでしょう。
持ち運びできるガスコンロがあれば、インスタントラーメンも食べれます。

 

【水】
飲料用としてはもちろん、空のペットボトルに水道水を入れておいたり
お風呂に水を貯めておくと、トイレの流し水に使えたり
冷たいですがシャワー代わりに頭や体を洗うこともできます。

 

【懐中電灯】
携帯の電気はあっても、電気を使ってしますので消費も早くなります。
懐中電灯は必須ですね。電池も補充しておきましょう!

 

【モバイルバッテリー】
携帯はもちろん充電しますが、モバイルバッテリーも充電しておきましょう。
もし、パソコンを持っているのであれば、モバイルバッテリーの充電が切れたらパソコンからも充電できるように充電を満タンにしておきましょう。

 

もしも無かった時に代用できるもの

では、もしも上記の物が売ってなかった場合に代用できるものはないかをご紹介します。

【布テープや塗装用マスキングテープ】
養生テープがなければこれで代用しましょう!
ガムテープだと跡残りがすごくて大変なのでせめて布テープ。
布テープもなければ塗装用のマスキングテープ。
マスキングテープは養生テープ同様に跡残りがほとんどありません。
ですが、紙なので養生テープほどの効果は期待できません。
二重にして貼るか、上から布テープを被せて貼るかしましょう。

 

【敷きパッド】
段ボールやテープもなければ、カーテンを閉めた後に敷きパッドを使いましょう。
敷きパッドは端にゴムが付いているので、カーテンレールの端にゴム部分を引っかけると、大きめの窓でも上半分くらいは覆ってくれます!
簡単だし敷きパッドは少し厚めなので段ボールに近いくらいの役割を果たしてくれます。

 

【防虫ネット】
こちらも窓対策として。
防虫ネットは網目が細かいので物が飛んできたときに少しでもはねのけてくれるようにベランダに設置しておくといいでしょう。
防虫ネットはそこまで大きくないので、たとえば大きい園芸用のネットに結束バンドを網目に通して防虫ネットをくくりつけておくのも1つの手ですね。
どちらも100均に売ってますよ!

 

【電池式のランタンやキャンドル】
懐中電灯がなければ、電池式のランタンを使いましょう。
または電池式のキャンドル。
ろうそくだと直接火が物に振れる可能性が高いので
電池式にしておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

台風が近づいてきたときには、対策に必要なものが売ってない!
なんてことはよくあること。
日頃から備えておくと、バタバタせずに最小限の買い物だけで済みますね。

ですがいくら対策をしても、必ずしも安全というわけではありません。

対策をして、危ない!と危険を間近に感じる前に、避難しましょう!
まずは身を守ることが第一です。

 

よければランキングポチッ💛といただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村